海外のSEO・SEM・ソーシャルメディアなどWEBマーケティングに関する最新情報を発信

Facebook Twitter Gplus RSS
Home WEBマーケティング カレンダーを制するものはコンテンツ・マーケティングを制す!
formats

カレンダーを制するものはコンテンツ・マーケティングを制す!


コンテンツ・マーケティングという言葉も、頻繁に聞かれるようになって来ました。

しかし、新たなマーケティング手法を前に「どうやってプロジェクトを管理しよう?」と右往左往されている方も多いのではないでしょうか?

そんなWEB制作者のために、カレンダーを上手く使ってコンテンツ・マーケティングを成功させる方法が copyblogger に掲載されていました。

覚えることは3つだけ。早速ご紹介しますね。

参照元: http://www.copyblogger.com/content-marketing-world-2012/

記事を書いているのは、出版業界に長く身をおいてきた Joe Pulizzi 氏。彼は、あらゆるビジネスのシーン、とりわけコンテンツ・マーケティングの領域で、「カレンダー」が有効活用されていないと指摘しています。

サーバー上でプロジェクトの進捗を管理するツールの登場で軽視されがちな「カレンダー」ですが、上手く使うことでビジネスチャンスを大きく広げられるというのです。

抑えておくべきポイントは、以下の3つです。

1.プロジェクト管理に役立つカレンダー、役立たないカレンダーを見分ける

プロジェクト管理に使われるカレンダーは、ただ単に日付とタスクを関連付けるだけのものではありません。

わかりやすいカレンダーとは、以下のような情報が一目瞭然に整理されたものを言います。

逆に言えば、これらがぱっとわからないカレンダーはコンテンツ・マーケティングの管理には不向きと考えたほうが良いでしょう。

  • コンテンツ戦略に基づいた、「何を発行するのか」の優先順位リスト
  • 既存のコンテンツ、再構成され更新されたコンテンツ、パートナーが作るコンテンツ、計画中のコンテンツ。これらにどのような優先順位で取り掛かるのか、一目瞭然にしておきましょう。

  • 該当コンテンツの、執筆/編集責任者
  • コンテンツの制作を担当するメンバーの名前を記して起きましょう。

  • コンテンツ制作・配信に利用するチャネル
  • 単なるブログの記事でも、それは電子書籍の一部になったり、メールマガジンとして副次的に利用される場合があるでしょう。それを記録しておきます。

  • メタデータ
  • 全てのプロジェクトの中で、そのプロジェクトがどのような役割を持つのか、「タグ」を用いることでカテゴリー分けをしておきましょう。

  • 制作の日付、発行の日付
  • それぞれ執筆者が編集責任者に入稿するまでの締め切りと、実際に世に送り出す日付です。さらに、後日更新する予定のあるコンテンツの場合、その日付も記しておきましょう。

2.カレンダーを整理する

以上で述べたことを整理し直すと、カレンダーの情報は以下のように整理することができます。

  • コンテンツの見出し
  • コンテンツの種類
  • ターゲットとする読者
  • 執筆者
  • 締め切り
  • 編集者
  • 配信チャネル
  • メタタグ
  • 発効日
  • 進捗状態
  • メモ

これでだいぶすっきりしました。

あとは、これらに加えてブレイン・ストーミングを行うスペースがあると良いでしょう。

計画段階のアイディアや、既存プロジェクトを進める中でひらめいたことを書き溜めておくことで、カレンダーは「コンテンツ・マーケティングに特化したネタの宝庫」になるでしょう。

3.編集方針を明確に

「カレンダー」と聞くと、思い浮かべるものは「どのコンテンツがいつ制作されるのか示すもの」でしょう。

しかし、あなたの「カレンダー」はそれ以外にも重要な役割を持つことになります。それは、「編集方針」を明確にする助けになるということです。

プロジェクトに携わる人が増えれば増えるほど、彼らが正しい姿勢でコンテンツを発信しようとしているかを監視することは大変になります。例え今は個人や少人数でプロジェクトを遂行しているとしても、将来メンバーを増やす際にはプロジェクト全体としての方針を明確に示す必要があります。例えば、以下のような情報をカレンダーに盛り込むことで編集方針を示すことが出来るでしょう。

  • 記事の語気、口調
  • 各コンテンツの長さ
  • ブランディングのガイドライン

文法や言葉の選び方については、AP通信のガイドラインが参考になるでしょう。WEBに特化したコンテンツ製作者の間では、Yahooのスタイルガイドラインも名を知られています。

(参考)
Associated Press Style Guide
Yahoo Style Guide

いかがでしょうか。

ここでは Excel で管理されることを前提としたカレンダーの活用法が紹介されていましたが、「手帳は手放せない!」なんて方も多いはず。

海外の記事を参考にすることで、デジタル・アナログの上手な使い分けを目指したいですね!

Facebookにご参加下さい。

海外WEBマーケティング情報局は、11月末から始めた新しいブログです。
新しいブログですが、扱う情報は海外のWEBマーケターやSEOコンサルタント、海外のSEO、ソーシャル関連のニュースです。
あなたがWEBマーケティングを進めていくうえで、効果的で役に立つ最新のWEBマーケティング情報をお届けします。

海外WEBマーケティング情報局の最新情報はRSSとTwitterで確認できます。

海外WEBマーケティング情報局の更新情報はRSSとTwitterでお届けしています。最新の情報をお届けしますので、是非、RSSの登録とTwitterのフォローして情報を見逃さないようにしてください。

RSSリーダーに登録する

この記事を共有する。

自分のメモとして、お知り合いへの情報共有としてこの記事をシェアする事が出来ます。
Facebook、Twitter、はてブ、Googleplusで共有できますので、お好きなプラットフォームをお使い下さい。

笹木義隆

中小企業診断士 ウェブ・マーケティングコンサルタント 株式会社ジョイント・エレメンツ・コンサルティング 代表取締役 個人、中小企業へのWEBビジネスの企画・運営代行、コンサルティングサポートだけでなく、SEOコンサルタントやWEBマーケター向けに売れるホームページの作り方を教える「高反応HPコンサルタント講座」を運営している。 コンサルタントのコンサルタントとして専門家のプロモーションなどで活躍中。
photo by: ASurroca